新たに国内でビジネスを始める場合、居住地や会社のオフィスをどこに構えるのかが大きく影響する。しかし、ネットビジネスの場合は、ネットワーク環境さえ整っていれば、どこでも仕事を始められる。したがって、海外で働くこともそう難しくはないのだ。

実際に海外に移り住んでネットビジネスを成功させた人の割合は高い。成功者の経験談やエッセイを読めば、海外を拠点にネットビジネスを展開することのメリットも見えてくるだろう。たとえば物価の差だ。東南アジアに移り住んだ場合、日本よりも物価がかなり安くなる。ビジネスを始めようとするとオフィスの賃貸料がかなりの額を占めることも珍しくないが、東南アジアであればその問題は容易に解決できる。国内の個人実業家向けに貸し出されている小さなレンタルオフィスもあれば、賃貸ビルのような大きな物件を安価で借りることも夢ではないだろう。

さらに、スタッフを雇う場合も国内より海外の方が安く人件費を抑えられるため、事業拡大をする際にもとても効果的だ。もちろん、生活費やインフラ料金も安く、経費にかかる費用が抑えられるからだ。また、自宅をオフィスにするような場合も、海外の経済情勢に合わせて国を転々とすることも比較的容易なので、自分のビジネスにおいて最も効率的で有益な環境下に身を置けば、ビジネスを成功させることも十分に可能なのだ。

このように、国内でビジネスを始める場合に問題となることも、海外であれば解決できることはある。そのため、住む場所にこだわらなければ、積極的に海外に出て仕事をしてみることもアリなのではないだろうか。