海外留学を経験している人は、広い視野を培えると言われている。また、国際化が進む日本では、とにかく英語ができることがステータスであり、大きな仕事を成功させる第一条件になっているとも言われている。なぜなら、世界を相手にしたビジネスに挑戦する際には、まず英語力がなければ話にならないからだ。

英語ができないと、そもそもスタートラインにさえ立たせてもらえなくなる可能性が高い。そのため、世界を視野に入れた活躍を夢見る場合は、海外留学をしたり、最低限日常会話程度は流暢にできるようになっておいたりしておくほうが、フットワークは軽くなるだろう。早い段階で互角力という武器を手にしていれば、チャンスが転がってきたときも臆することなく身動きが取りやすくなるはずだ。

また、広い視野を持つことも成功者を目指すときには重要な鍵になる。たとえば、外から日本を見た経験があると、日本から出たことがない人には考え付かないような画期的なアイデアを思いつく可能性が出てくる。さらに、異文化コミュニケーションの経験があると、常識に囚われずに柔軟な発想ができるようにもなるだろう。

語学の習得や海外留学、海外移住などは、容易にできるものではなく、コストもかかってしまうが、日本では得られないような経験やスキルが得られると思えば、安いものではないだろうか。日本を飛び出すことは勇気のいることだが、若いうちに色々な経験をしておくことは自己の成長に役立つので、ぜひとも多くの人に外の世界を見ることをおすすめしたい。