ビジネスの上での成功者を考えたとき、その定義は人によって異なってくる。お金をたくさん稼ぐこと、ビジネスの規模を広げること、他の人がしたことのない経験をすることなど、成功はそれぞれの持つ価値観によって異なるはずだ。そのため、自分の持つ成功者のイメージを固め、それに近づくためにはどうしたら良いのかを考えることをおすすめする。

たとえば、グローバルな活躍をすることを成功と捉えるのなら、仕事の範囲を日本国内だけに留めるのではなく、海外も視野に入れるといいだろう。IT関連事業やエンターテイメント、アート、スポーツの分野などは特に、国外の方がビジネスの規模が大きく、評価されやすいので、日本よりもダイナミックな仕事をできるチャンスも多いはずだ。現に海外に進出したことで成功を収めている日本人も多い。

「海外で働く」と聞くと、英語がネックに感じて拒否反応が出てしまう人もいるかもしれないが、日常会をするのに困らないレベルの英語をマスターするためには、たくさんの勉強時間も留学経験やネイティブレベルの語学力は必ずしも必要ではない。ビジネスで交渉を進めるにあたっては、コミュニケーション能力が重要な要素であって、日本で働いた経験があるのなら、ビジネスシーンでの交渉力は既に身についているのではないだろうか。

そのため、OJTを設けているようなこところで1年程度業務をこなせば、最初は苦労するかもしれないが、日を追うごとにスムーズに英語をマスターできるだろう。海外で働くことを成功だと捉えるのなら、まず積極的に動いてみることだ。